日中間の海をまたいだ活動をしながら交流とビジネスを創出するためのWEBサイト
メルマガ登録はこちら
様々な中国情報を発信中!

必見!中国で人気の日本のお菓子ランキング【インバウンドニュース】

shutterstock_141140992

なぜか二日連続で複数のWe Chat 公式アカウントでそれぞれ「人気の日本のお菓子ランキング」という企画をやっておりましたので、両方とも取り上げてみましょう。
あなたが空港や街中で中国人に大量に購入されているのを見かけた事のあるアノ商品、果たしてランキングされているのでしょうか?

 

先ずは「日本流行每日速报」から。ここはアプリ内で高評価投稿の多かった順にランキングを決定したみたいです。それでは早速行ってみましょう!

 

第5位:KitKat 抹茶味

KitKat自体は中国でも随分前から販売されていて(中国国内産)、7年前ぐらいは他の中国産チョコは甘すぎるのばっかりな中我々日本人にもイケてる方だったのですが、その後は明治のチョコがコンビニでどこでも売られるようになり(中国産)、今やこうして日本独自のチョコに注目が集まる時代になったのですね。
当たり前ですが「それしかない」時代にはどんなに甘いチョコでも比較対象がなかったので中国の方も皆美味しく感じたのですが、今はこうして選べる時代になり、ほどよく抑えた日本の甘さというのはどんどん評価が高くなってますね。

 

第4位:じゃがポックル

最近は購入数量制限もかけられている通り、外国人(特にアジア圏)お土産の定番品になりつつありますね。

 

第3位:ROYCE’のチョコレート

これだけ単品じゃなくてメーカーまとめてか!と突っ込みたくなりますが、「このブランドならどれを買ってもハズレなし!」という高評価につながっているのでしょうね。

 

第2位:コロロ(特にグレープ)

これは案外人気あるの知られてないかもしれませんね。私もここまで評価が高いとは思いませんでした。UHA味覚糖さんの製品です。恐らく他のランキング商品は「お土産仕様」で価格も高いですが、これはいつでもお求めやすいので繰り返し購入できるところが人気の一因かもですね。

因みに今調べたら、タオバオで大体10元から25元の範囲で売られていました。送料は別途かかる場合が多いみたいですが、安くて200円以下で売ってしまっているわけですから、日本の市場価格と比較しても結構安いですよね。どんな方法で仕入れていることやら?

そしてお待たせしました、栄えある第一位は!

 

おめでとう第1位!:東京ばな奈

2位のコロロは「kororo」もしくはそのまま「コロロ」と表記されているのに対し、東京ばな奈はもはや

芭娜娜

と中国簡体字を当てられています。これは完全に中国の市場に定着した証。素晴らしい!
投稿者のコメント見てますと、「日本からのお土産のマストアイテム」という位置づけになるみたいです。

 

そして以前は圧倒的な人気を誇っていた「白い恋人」はまさかのランク外!まだまだ空港では売れまくってますのでランクインしようとしまいと大した影響はなさそうですが、こういうランキングは若い世代の評価を反映している場合が多いですので、今後のトレンドを検証する上ではしっかり参考にせねばならないですね。

 

 

そしてお次は「新世界日语」から。ここは内容の雑な記事が多いのですが、何と大風呂敷を広げて

「日本女性の最も好きなお菓子ランキング」

え?中国人じゃなくて日本人女性?これ絶対調査なんてしてないでしょ?ねえねえ!

 

そして結果は以下の通り。一気に2位まで行きましょう!

 
10位:じゃがビー
9位:じゃがポックル
8位:マカダミアナッツチョコ(画像は明治でした)
7位:ブラックサンダー
6位:秋田栄太楼 桜咲くさくらゼリー
5位:グリコポッキー
4位:KitKat抹茶味(日本輸入品)
3位:白い恋人
2位:六花亭 いちごチョコ

 

えーと。これが日本人女性が最も好きなお菓子ですか。いろいろツッコミどころはありますが、どうしても言いたいのが

「日本人女性が好きなお菓子ランキングで(日本輸入品)とはどういうことだ?」

まあ、日本でも中国産のKitKat売れてるんだ!と勘違いする方もいるかもしれないんでね。親切に表記するに越したことはないですよね、ええ(ならばポッキーは?という整合性のなさは脇に置いておきましょう)。

 
とまあ、どう見ても日本から中国に流入している商品ばっかりで、実質的には「中国人に人気のある」ランキングと見なせるわけですが、6位のさくらゼリーはそんなに売れてるのか?と思いタオバオで検索すると、なるほど、そこそこ取り扱いがありますね。3個入りで128元とか。2500円くらいで送料はお届け地域によりですね。日本では3個入り送料別で780円。決して安くはありませんが、中国は旧暦七夕も日本よりロマンチックに重要視しますので、そのプレゼントにいかが?みたいな訴求方法でした。

あと、ブラックサンダーは早くから輸入品が中国のあちこちで売られていたので根強い人気があるんですね(店頭で買う方多し)。
白い恋人も3位にランクインしててよかったです(何が?)。

 
そしてこちらも栄えある第一位は東京ばな奈。东京芭娜娜。Tokyo Banana。
二冠達成おめでとうございます!
これ2,3年前からえらく中国で人気出たんですよね。なんでなんだろ?機会があったら調べてみます。

ちなみに二番目のTOP10ランキングは絶対に記事書く方が独断で決定したと思われます。なのでランクインできなかった商品で、もっと売れている商品もたくさんあると思いますよ。
そして唐突に結論。

中国の方にとっても、日本のお菓子は美味しくてたまらない

 
ホントは現地に進出して全く同じクオリティの製品を生産販売するといいんでしょうが、どうしても同じ味にならなかったりとか、まあその他色々な要因が絡みまして簡単ではないんですね。それは別の話になりますのでまた次の機会に!

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です