日中間の海をまたいだ活動をしながら交流とビジネスを創出するためのWEBサイト
メルマガ登録はこちら
様々な中国情報を発信中!

中国大連ビール祭りレポート~前編~【インバウンド集客にはまず現地を知ろう!】

shutterstock_120712003

今回の記事は「中国現地の風を感じていただく」をテーマに、運営事務局が仕事の合間に行った大連ビール祭りの模様をレポートいたします!
決してビールが飲みたかったワケではありませんよ、大連での夏のイベントを記事にすることにより、大連の方々のインバウンド集客を目指している方々の参考になれば、と。
仕事中に酒なんて、ねえ。中国では酒飲むのも仕事の一部って言っても、ねえ。

 

来場日時:2015年8月9日
場所:中国遼寧省大連市星海広場
イベント:第17回(たぶん)大連国際ビール祭り!

北京から大連へこのビール祭りの開催地が変わったのが2002年、私が仕事で初めて中国へ足を踏み入れたのが2003年9月、大連へ初上陸したのが2007年7月、あまりにも遅い初参戦ですがインバウンドが盛り上がっている今こそ現地を知らねば!

 

大連というのは日本人からすると非常になじみも深く、中国大陸の中ではかなり早い時期に現地日本人社会が形成されているので「進んだ都市」「洗練された都市」という印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、やはり中国全体で見れば東北3省(遼寧省、他に吉林省、黒竜江省)の中に位置するという事で、住んでいる方の感覚は上海のそれとは全然違います。

良く言えば「古き良き中国を味わえる」。悪く言えば…って、悪くなんて言いませんよ!「地域性」ってのは大事です。はい。

そういう地元大連の来場者が中心のこのビール祭り、「国際」と謳ってはおりますが、外国人の来場者がわざわざやって来るという感じではなく、基本的には地元の方が参加して盛り上がる「夏の思い出」的イベントです。

なので、広告効果(=イベント終了後のリピート購入)という点では二の足を踏むメーカーも多そうです。今回は中国で全国展開しているアサヒもキリンも出展しておりません。

逆にただ単に好奇心で来場している私のような者にとっては、どんな勢いのあるイベントになっているか楽しみです。
私の来場日にはビール飲みまくりコンテストみたいな大会は開催されないみたいですが、雰囲気味わっちゃいますよ~。

 

で、会場はアジアで一番デカいとも言われている(本当かなあ?)、大連では有名な星海広場。
寒くない季節は常に多くの方が遊びに来ます。

P1000344

P1000338

展示会やイベントもよく開催されています。
最近は残念ながら空気が悪く海がキレイに見えませんが、とても良い場所です。
現在海の真上に橋を建設中で、これを成長のシンボルと見るか、景観を損なうものとして見るか賛否両論との事ですが、この日はスモッグだけでなく若干モヤっていたのもあって

P1000339

P1000341

景観を損なうも何も、ほとんど見えません。というか、海そのものがほとんど見えないという…。
うーん、大丈夫か大連?

 

そんなこんなでやって来ました入場ゲート。ビジネスパートナーの李総経理と共にイザ出陣!(画像内の人相の悪い方が私です)
さあ、ビール何種類飲めるかな?(結局目的はソッチ)

 

P1000345

この李サン、入場するなり「先ずは探したいものがある」と。

「探したいビールではなく探したい『モノ』?」

ちょっとイヤな感じがしましたが、やっぱりイヤな感じでした。

「タイ特産、普段あんまり食べない動くもの」

P1000355

P1000356

 

まあ、あるでしょうね。ええ。聞いたこともありますし。広州では中華料理店の店先に、普通に食用としていっぱいヘビいましたし。

 

P1000360

P1000359

 

ただ、タツノコプロもびっくりしないのか?というギモンと…

 

P1000361

 

コイツはさすがに…

 

P1000357

 

はっきり言って、ほとんど誰も買ってません。
お店の方も慣れているのか、買わなくても好きなだけ写真撮らせてくれます。

しかし、このためにわざわざいろんな動くモノたちを大連に呼び寄せたイベント精神に脱帽です、乾杯!

 

というわけで、次回ようやく念願のビール……もとい、ビール祭りレポートがスタートです。続きは後編で!

 

No Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です