日中間の海をまたいだ活動をしながら交流とビジネスを創出するためのWEBサイト
メルマガ登録はこちら
様々な中国情報を発信中!

「とせんばオフライン」ついに始動!【とせんば日本】

P1010031_orijinal_s
 
この度、とせんばプロジェクト運営会社である、「株式会社メイシージェーン」と「大連ネット協会」は、相互繁栄の理念の下、提携関係を結ぶことで基本的に合意致しました。

 

【大連ネット協会とは?】

 
英文名「DALIAN CHAMBER OF E-COMMERCE 略称:DCEC」。

Eコマースをはじめ、インターネットを活用したビジネスや顧客マッチングなどを営む企業が自ら希望して会員となる、大連市政府認可の民間非営利団体。2015年4月24日に成立し、現在100社を超える会員(ほとんどが中小企業)が参加しており、その90%以上は海外との取引を行っている。

「東北、及び全国で最も影響力のあるネットビジネス協会となる」というのが目標であるが、いかんせん東北気質か、今でも対面(オフライン)抜きで信頼感は簡単に生まれない、というビジネススタイルになってしまっている感は否めない。

 

【日本と大連でなにをするのか?】

 

日本企業の望むこと(一例)

・日本製品やサービスの現地での市場開拓
・日本へのインバウンド誘致
・ビジネス交流
・現地でのWEBサイト、WeChat公式アカウント開設の協力
など

 

大連企業の望むこと(一例)

 
・大連企業の日本での活動支援(日本事務所・子会社設立、招聘状発行、展示会出展サポートなど)
・日本企業とのビジネスマッチング(日本への製品輸出、日本製品・日本製部品の輸入、共同経営者の紹介など)
・日本への研修旅行企画
・定期的な情報交換、交流会・勉強会の開催
など

 

【どんな雰囲気なのか?】

 
1次2次産業に頼る経済構造に限界がきて、異例のマイナス成長となっている中国遼寧省。決して大連も好調とは言えません。ただ、東北人の気質なのか、そもそもの土地柄なのか、

ビジネスを育ててバイアウト

というようなモデルは、あまり得意ではないようです。この協会の会員企業のほとんどが中小企業であることも関係しているかもしれません。そのため、雰囲気としては

ビジネスを育てて、さらにそだてる

という、常に供給より需要がやや上回る状態をキープしながら成長し、遼寧省、東北三省、がんばっても山東省ぐらいまでで、息の長いビジネスをすることを心地よく感じる向きがあります。カネとカネが繋がる前に、まずはヒトとヒトがつながって、ハナシはそれからだ!という、昔気質な要素は今でも根強く残っています。

その代わり、一度信頼を得ると、損得なしで助けてくれるケースも非常に多いです。特にこうした経営者、幹部クラスはそういう傾向にあります。

 

【今動いているプロジェクトは?】

 
まだあまり公表していませんが、株式会社メイシージェーンとして、ある大連企業の開発したECO製品の、日本市場開拓を全面的にサポートしています。もうすぐWEBサイト公開予定です。本当に素晴らしいコンセプトの製品です。

当社が日本で大連のECO製品の市場を拡げる、代わりに大連ネット協会では、日本の「ECO関連」の製品、設備、ノウハウなどを、自社、自社工場に取り入れていくだけでなく、双方で環境に対する意識を高める活動をしていく、

「勝手に日本⇔大連 共同ECO宣言」

 
先日私のFacebookでチラリと触れましたが、大阪のあんこ・どら焼き屋の老舗、株式会社茜丸さんの「あんこ」「たい焼き」「名入れどら焼き」の、大連市場開拓のために、大連ネット協会が全面協力してくれます。

代わりに茜丸さんが関西支部代表、当社が当面全体の運営責任者及び関東支部の代表として、大連市場と密な関係を築きたい、という日本企業を積極的にこの活動に参加させます。

ついに、とせんばプロジェクト オフライン活動のスタートです!
 
他にも準備中のプロジェクトがいくつかあるのですが、大きいところではこのふたつが、今回の提携における象徴的な活動となっています。

 

【具体的にはどういうメリットがあるの?】

基本的に、日本では誰でも参加できるスタンスをとっていきます。
 

とせんばオフライン(日本での活動)がご提供するもの

・入会金/年会費永遠無料で、「大連とビジネスをしたい!」という企業様は、どなたでも参加できます
・ただし、企業情報(PR文章含む)を大連ネット協会側に対し閲覧可能にするため、この事前承諾と、中国語文書のご提供をお願いします。日本語文書のみの場合は、当社で翻訳及びリライトを行いますので、その際は作業手数料として5,000円(税別)のみ頂戴いたします
・大連ネット協会の会員リストが閲覧可能になります
・大連からの売りたい&買いたいの情報を含む、メールマガジンを無料配信いたします
・本格的に展開をされたい場合、オプションで様々なサービスをご提供します(基本有償)
・勉強会、現地視察ツアーなど、ご要望に応じて開催いたします(基本有償)
・大連ネット協会の要望に対し、お知り合い企業様へのご紹介などでビジネスが成約につながりました場合、お返しに大連ネット協会も貴社のミッション達成に向け、全力でサポートしてくれます
など
 

大連ネット協会のメリット

・日本側から提供する会員企業リストを見て、興味のある会社へのコンタクトが可能になります
・日本企業への「研修ツアー」の開催が可能になります
・より多くの人脈を、「日本で」得られます
・「大連」という地域そのものの、日本へのPRにつながります

 

【どうやって参加申込するの?】

まずは初動時の会員募集という段階ですので、ご興味をお持ちいただきましたメンバーの顔ぶれに合わせて、早急に「組織」としての仕組みづくり、ルールづくりをするという、なんとものんびりした感じですが、カタチありきで始めても早々に市場の変化に対応できなくなりそうですので、「変化たびに進化する組織」となれるよう、フットワーク軽く動いていく所存です。

というわけで、正式申込は総則等が決まってからでも結構ですので、まずは当サイトの問合せページ、もしくは

info@tosenba.jp

まで、「ウチこんな会社ですが、興味あります!」とご連絡ください。
体制が整うまでは、関西の方も全国どこにある企業様も、まずは上記までご連絡ください。しっかりレスポンスさせていただきます。

 

と、今回は告知程度(の割に文章長い!)の内容ですが、とにかくオフラインで動かなきゃオンラインも有効に活用できないのが大連という地域であると、ワタクシ勝手に認識しておりますので、とにかく「とせんばオフライン」(仮称ですよ!)、有志を募っておりますので、何卒よろしくお願いいたします!

 

 

日中間の海をまたいだ活動をしながら、交流とビジネスを創出するためのサイト「とせんばプロジェクト」。
ご相談やご質問は何でもお気軽にお問合せページより
無料メルマガ購読のお申込みは登録ページよりお願いいたします。
また、運営代表のFacebookページはコチラ!友達申請お待ちしております。

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です