日中間の海をまたいだ活動をしながら交流とビジネスを創出するためのWEBサイト
メルマガ登録はこちら
様々な中国情報を発信中!

vol.44 副詞「还」【中国語文法100本動画 須磨みのりのブレチャイな!】

700_523_burechina
 
「又」「再」に引き続き、「また」系中国語の「还」を学習します。えっ?そもそもこの3つって同じカテゴリーだったの…?そんなアナタは、しっかり動画を観て学習しましょう!

 

又、再と还を並べて学習するなんて考えたこともなかったのはどこのどいつだ?私だよ。

というわけで、本当に文法をまるっきり学んでこなかったモトズミですが、先日は「中国で交流会」というイベントに参加させていただき、相変わらずうんちく垂れてまいりました。
留学経験のある方、駐在経験のある方、大陸の方、香港の方、ハーフの方など、16名の参加でしたが、バラエティに富んでいて面白かったです。

中国ビジネスと関係のない、こうした純粋な交流を目的とした会にはあまり参加しない(あ、ビジネス目的でもあんまり参加してないか)ワタクシですが、みなさんとお話しするとなるほど、中国や中国語に対しても、様々な想いがあるのだなあと新鮮な発見があります。

 

自分などはお陰様で、仕事の関係でも中国へ行く機会があり、文法はダメでも無理やりなコミュニケーションぐらいはできるので、中国語を使う機会はなんだかんだとあるわけで。特にWeChatを利用しての中国語でのチャット(打字という風に表現しますね)は、業務上必須です。
時には相手の送ってきたメッセージに知らない単語が混ざっている場合もあり、それを調べてまた中国語レベルが上がる、というのは大変ありがたいことです。

でも、やはり日本で普通に暮らしていると、使う機会がない方が多いんですね。極端に言ったら、カネもらわなくてもいいから自分の中国語がお役に立てるような場はないか、と探してみてもなかなか見つからないようです。多くの中国の方が日本を訪問するようになったらなったで、今度は日本人の中国語レベルじゃ対応しきれないから留学生その他アルバイトで、みたいな。

すべての、とは言いませんが、たいていどこの地域にも、中国語でコミュニケーション取れる日本人はいるわけで、しかも中国の方としゃべりたがっている。そういう人材こそが、つくられた「おもてなし」なんかより、よっぽど日本を魅力的な国に見せてくれると思うんですが、世の中ミスマッチだらけでそうはならない。

本当にもったいない話です。

 

また、会の中で、「中国語勉強していて結構ヒアリングもできるんだけど、自分から話すのが苦手」なんて話題もありました。

今ベラベラ話せているバイリンガルの誰もが、最初はヘタクソで恥ずかしい思いをしながら今に至っているんだよー、という「誰でも通る道」説や、「あなたの中国語がヘタクソであろうと誰も気にしていないよ」説や、教育された無言のおもてなしサービスより、「へたくそな中国語でニコニコ話しかけられた方が中国人旅行客だってうれしいんじゃない?」説など、いろいろな意見が飛び交いましたが、すべてをひっくるめてひと言で表すならこういうこと。

「ゴタクはいいから、さっさと話しなさい」(笑)

 

私は来月頭も大連出張で、商談先に日本語できる方ひとりもいないシチュエーションもありますが、多少やり取りに手間取っても、頑張って自力で乗り切ってきますよ!相手も、日本人がひとりで一生懸命良い商談にしようと、汗かいてる方が喜びますしね。

商談相手も、最近では20代~32歳ぐらいまでの相手が増えてきました。中国の若い子たちで国際間取引の商談に出てくるってことは、日本人よりはるかにグローバル感覚に優れているはずで、よほど専門的な打ち合わせでない限り、通訳に頼りっきりの日本人はそもそもマトモに相手にされないかもしれません。

ミスは悪として許容されづらい日本社会の中で、ヘタでも間違っててもいいから中国語で中国人と話しなさい、という風になかなかなれないかもしれませんが、「日本企業と取引するんだから、中国側が日本語話せるメンバーを用意すべき」なーんて感覚でも成り立った、アノ時代はとっくに終わってます。

今度ワタシも、?「日本語使ったら罰金の中国語交流イベント」企画してみようかな、なーんて。

 

だからと言って、文法をおろそかにして良いわけではありませんので、ここからはみのりんにバトンタッチです。「还」は上手に使うとなんかカッコイイ感じの中国語になるので、みなさんしっかりマスターしてくださいね。

 

動画はコチラから↓


※冒頭音楽の音量にご注意ください

 

 

【プロフィール】

【須磨みのり】

出身地:長野県、現在は、大阪に居住。
趣味: →Pia-no-jaC← ONE PIECE 落語 自然が大好き。

IMG_1474
【主な活動】

大学を卒業後、会社員の夫の駐在で中国語の勉強を再開。中国瀋陽に5年間滞在。滞在中に日中合弁企業で通訳の世界を知る。

帰国後、通訳養成学校に通い、フリーランスで10年間法廷通訳、医療通訳、レセプションの通訳、各種翻訳など多くの実績を積み、その経験を生かして現在は、通訳学校、専門学校、企業研修などで中国語講師をし、一流ホテル、大手企業官公庁など初級者から上級者まで幅広く教えている。

10年以上前から、地域に住む外国人の言葉のサポートボランティアや日本語教室ボランティアでも活動中。

 

 

中国人観光客対応もこれで安心、
日中間ビジネス、インバウンド展開成功に向けて通勤時間にスマホで中国語マスター!

「中国語文法100本動画 須磨みのりのブレチャイな!」

とせんばの次の配信が待ちきれない!須磨みのりさんから直々のメッセージが欲しい!と言う方はブレちゃいな!メールマガジンの購読(無料です!)をお申し込みください。

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です