日中間の海をまたいだ活動をしながら交流とビジネスを創出するためのWEBサイト
メルマガ登録はこちら
様々な中国情報を発信中!

vol.39 経験を表す「过」【中国語文法100本動画 須磨みのりのブレチャイな!】

700_523_burechina
 
今回は「~したことがある」という、経験を表す「过」を勉強します。これに関してはイレギュラーな要素もなく、この動画さえ見ておけば、またひとつ新たな中国語の表現をマスターできることでしょう。それでは早速学習していきましょう!

 
「过」は繁体字で書くと「過」。これだけでマスターで来た気になっちゃいますよね?そうです、過去の経験を表現する時に使うのですね。あと、普通に「過ぎる」という意味でも。

過ぎるの方は、交通に絡んでよく使いますよね。

过红绿灯(信号を渡る)

过马路(道を渡る)

上海に住み始めたばかりの頃は、道を「马路」と表現することなど知らなかったため、过马路!过马路!と急かされてるのに、仁王立ちでぼーっとしてました。当時の上海は、今よりはるかに無茶な道路の渡り方してましたからね。ボーっとしてると本当にいつまでも向こう岸にいけないという。

 

あと、「過ごす」という時にも「过」を使いますね。やっぱり言われてみたいのが、あなたがしばらく上海から離れるなんて

难过

という単語ですね。読んで字の如し、毎日を過ごすのがつらい…。誰か言ってくれないかな。今年もうゾロ目の中年だけど。

 

今回の動画のメインである、「経験を表す 过」は、みのりんが動画で素晴らしい講義をしてくれますので、そちらをご覧くださいませ。

しかし、どうしてみのりんは、例を挙げる時ちょくちょく時代劇調になるのだろうか。

 

それでは中国語文法100本動画「ブレチャイな!」、第39回「経験を表す 过」を早速ご覧ください。
 

動画はコチラから↓


※冒頭音楽の音量にご注意ください

 

 

【プロフィール】

【須磨みのり】

出身地:長野県、現在は、大阪に居住。
趣味: →Pia-no-jaC← ONE PIECE 落語 自然が大好き。

IMG_1474
【主な活動】

大学を卒業後、会社員の夫の駐在で中国語の勉強を再開。中国瀋陽に5年間滞在。滞在中に日中合弁企業で通訳の世界を知る。

帰国後、通訳養成学校に通い、フリーランスで10年間法廷通訳、医療通訳、レセプションの通訳、各種翻訳など多くの実績を積み、その経験を生かして現在は、通訳学校、専門学校、企業研修などで中国語講師をし、一流ホテル、大手企業官公庁など初級者から上級者まで幅広く教えている。

10年以上前から、地域に住む外国人の言葉のサポートボランティアや日本語教室ボランティアでも活動中。

 

 

中国人観光客対応もこれで安心、
日中間ビジネス、インバウンド展開成功に向けて通勤時間にスマホで中国語マスター!

「中国語文法100本動画 須磨みのりのブレチャイな!」

次回の配信予定は3月4日金曜日朝8時です。

とせんばの次の配信が待ちきれない!須磨みのりさんから直々のメッセージが欲しい!と言う方はブレちゃいな!メールマガジンへの購読(無料です!)をお申し込みください。

お申し込みはコチラから!

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です