日中間の海をまたいだ活動をしながら交流とビジネスを創出するためのWEBサイト
メルマガ登録はこちら
様々な中国情報を発信中!

※関係者必読 ~ 2015年中国の消費統計【インバウンド/越境EC】

shutterstock_104103605
 
中国社会科学院がこのほど発表した「社会青書:2016年中国社会情勢の分析と予測」(以下、「青書」)において、「国民の消費の特徴が、個性化、多様化している。情報消費の成長速度が、社会消費財小売売上高の平均成長速度をはるかに上回り、15年の最大の注目ポイントで、消費の主要な成長エンジンとなっている」という分析がなされました(出所:中国青年報)。

以下、人民網日本語版 2016年1月20日の記事より抜粋いたします(読みやすいように若干フォントの変更、校正などを行っております)。

 

【支出最多は衣類、食品】

調査によると、回答者の6.1%が昨年の消費総額が5000元(約9万円)以下、18.6%が「5000-1万元(約18万円)」、29.9%が「1-2万元(約36万円)」、19.7%が「2-3万元(約48万円)」、25.2%が「3万元以上」と答えた。

支出で最も多かったのは衣類で73.0%。以下、食品69.2%、交通・通信48.0%、教育、文化娯楽42.3%、化粧品41.9%、旅行39.8%と続き、医療・健康サービス、住宅はいずれも32.2%だった。

 

【増える情報消費】

例年と異なり、15年は回答者の情報消費が消費総額に占める割合が突出していた。調査によると、回答者の32.5%が情報系製品のハード、ソフトを「15年に購入した」と答えた。また、15年の情報消費における支出について、36.9%が「1000元(約1万8千円)以下」、43.0%が「1000-5000元(約9万円)」、14.1%が「5000-1万元」、3.9%が「1万元以上」と答えた。

情報系製品のハードの種類では、スマホが76.8%、タブレットPCが32.9%、スマートテレビが25.3%、ウェアラブルデバイスが14.0%、PCが13.8%、ナビゲーションシステムが12.9%、IPTV受信機が12.4%だった。

情報系製品のソフトの種類では、映画・音楽の会員45.1%、小説を読むための会員30.2%、スマホゲーム29.5%、ソフトのVIP会員29.0%、微博(ウェイボー)・微信(WeChat)のチップ支払い23.4%、その他19.1%だった。

 

【経済低迷でも伸びる消費】

中国人民大学国家発展・戦略研究院の劉元春・執行院長は、「現在、中国国民の消費情勢は全体的に見て順調。社会消費財小売売上高は10%以上増となり、現在世界でも上位。全体的に見ると、経済が低迷している状況下で、依然としてこのような成長スピードを保っているというのは、大きな注目ポイントだ」との見方を示す。

また、「現在、中国国民の国民総生産(GDP)は平均8000ドル(約94万4千円)程度。生産者物価指数(PPI)予測は、1万ドル(約118万円)を超えている。こうなると、消費全体がレベルアップ、スピードアップし、構造的な転換が現れる。ただ、生活必需品、特に住宅、交通の支出が多く、食品類の支出も急減しているものの、それでもまだ多い。一方、文化類の支出が少ない」と分析する。

 

【娯楽のための情報消費が59.4%】

情報消費の目的について、北京の大学院生・田暁甜さんは、「娯楽のため。音楽を聴くのが好きで、微博で曲を買ったこともある。高音質の音楽を聴くために、ある音楽サイトの会員にもなった。また、本も好きで、『盗墓筆記』の作者・南派三叔の微博アカウントでチップを支払ったこともある。これも、著作権の保護の一種。このためのお金は惜しまない」と話す。

調査では、情報消費の目的について、回答者の59.4%が「娯楽」、56.2%が「情報源を得るため」、44.8%が「社交的な活動」、35.5%が「自己向上」と答え、17.7%が「周囲の人の影響」とした。

 

【総括】

「青書」は、「現在、中国の情報消費成長の注目ポイントは▽スマホ、スマート家電系製品のハード関連の消費が急成長している▽スマホゲームやスマホ文学といった情報コンテンツ、情報媒体の消費が急成長している—の2点」と指摘している。

劉執行院長は、「現在、国民の消費が中国のGDPの安定化装置で、15年の経済全体の構造において非常に大きく変化している。しかし、課題もある。第1に、公共サービス系の消費、特に、教育費、医療費が高いという問題が突出している。第2に、ミドル・ハイクラスの消費が制度の圧迫を受けている。例えば、消費に関する税金が多く、供給が不足している。第3に、地域ごとの消費、消費者層別の消費の開きが拡大している。例えば、都市と農村の消費の開き。第4に、所得水準は消費能力に直接影響するため、所得の問題にも注目すべき。消費のレベルアップを促進する『動力源』について改めて考え直す必要がある」と指摘する。

また、情報消費について、「情報消費は、消費全体の中で主な成長源となっている。インターネットプロジェクトやビッグデータプロジェクトが実施されるにつれ、情報消費はさらに成長するだろう」としている。

 
(※以上、抜粋おわり)

 

記事最後の「総括」の部分に、中国人市場に対しどんな製品やサービスを提供していく事がビジネスの成功につながるのか、ヒントが隠されています。マッチしない提案はいくらしても空振りに終わりますし、大雑把に2015年の「日本製品なら何でも買う」というようなイメージを持ち続ける事も大きな誤りであることがわかります。

せっかくの統計データです。(データの正確性はさておき)是非ご参考にしていただき、自社の日中間ビジネスにお役立てください!

 

 

【著者プロフィール】

【本炭康典(もとずみ やすのり)】

株式会社メイシージェーン代表取締役
出身地:千葉県 血液型:O型
通称:なっとう、笨蛋、など

forshop1000-660_shikaku

【主な経歴と活動】

明治大学を卒業後、フリーのライターをやったり浅草で人力車を引いたりしながら、いつの間にか中国関連のビジネスに従事する。

2009年に当時勤務していた会社の社内プロジェクトとして、上海に「角谷(上海)貿易有限公司」(http://www.nadou-kadoya.cn/)を総経理として立ち上げ、当時仕事を全然しない部下を強気で解雇して労働局に駆け込まれたりと泣きべそをかきながらも、2014年春の帰国までに同社の商標である「角谷(かどや)」納豆を中国全土に幅広く流通させ、現在同ブランドは高級スーパーを中心に約200店舗の納品を継続している。
尚、同社ホームページの「ご挨拶」ページでは未だに「総経理:本炭康典」となっているが、これは単に同社がホームページ更新をサボっているだけであり、現在同社とは「協業」という関係である。

2014年12月に株式会社メイシージェーン設立。越境ECサイトを立ち上げた瞬間に閉鎖するというお茶目な失敗を経験するも、2015年7月より活動を開始した「とせんばプロジェクト」において日中相互理解をベースとした日中間ビジネスを提唱し、現在はインバウンドを含めた日中間ビジネスを中長期で考える企業様、取り組みたいがどの入り口から入ったらよいか決めかねている企業様、日本展開において助力が必要な中国企業様、といった課題の解決及びサポートを行っている。

自身の上海での生活とビジネスの経験を活かし、「メディアのニュースに踊らされない日中間ビジネス」をコンセプトにしているのが大きな特徴である。

 

株式会社メイシージェーンWEBサイト http://macyjane.co.jp
本炭康典Facebookページ https://www.facebook.com/yasunori.motozumi

 

日中間ビジネス成功のための情報発信サイト「とせんばプロジェクト」
お問合せやビジネスサポートの問い合わせはお気軽にお問合せページより
無料メルマガ購読のお申込みは登録ページよりお願いいたします!
また、運営代表のFacebookページはコチラ!友達申請お待ちしております~

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です